三条市・燕市の不動産なら加藤商事

不動産売却の流れ

お客様の最も大切な財産である不動産を売却することは人生でも大きな出来事でしょう。『買い換えて住み替えたい』、『資産を整理したい』、『税金対策で処分したい』など、様々な事情があるでしょうが思い出の詰まった不動産を売却することは大変なことです。そんな大切な不動産のご売却のお世話を当社も真剣に受け止めお客様の立場に立ったご売却プランをご提案いたします。

1.ご売却のご相談

ご売却の理由、引渡しの時期、ご希望価格などをお聞かせいただきます。実際に現地を調査させていただき物的状況を確認いたします。この際、お客様の知りうる限りの情報をお伝えください。増築や改築の有無、隣接地との争いの有無など後日トラブルを避けるためにも重要です。

2.価格査定

現地調査後、登記簿謄本や公図での権利関係の確認、都市計画法、建築基準法などの各種制限関係の調査、水道、ガスなどのインフラ設備の確認をいたします。その後豊富な取引事例をもとに査定価格を算出いたします。売主様を喜ばせるだけの無責任な売れないような高い査定はいたしません。適正なる価格査定に努めます。もちろん査定は無料です。

3.売却の御依頼=媒介契約凍結

査定価格に基づき売り出しの価格を決定いたします。最も重要なことはこの売り出しの価格設定で無理をしないことです。少し安いかな?と思う価格の方が結果的には早期で良い条件にて成約できるものです。また、この際に引き渡しの時期や引渡し条件、支払い方法などを打ち合わせていただきます。売却のご依頼の際に《媒介契約》を締結させていただきます。媒介契約の有効期限は3ヶ月間で専属専任、専任、一般媒介の3種類があります。

・専属専任媒介 … 1社のみを窓口として自己発見の買主でも売主は契約をできない。
・専任媒介 … 1社のみの窓口であるが自己発見の買主との契約はできる。
・一般媒介 … 複数の会社を窓口にすることができ、自己発見の買主との契約もできる。

詳しくはお尋ねください。
当社は媒介契約後、販売図面の作成にかかり売主様に確認していただき、あわせて《不動産流通機構》通称《レインズ》に登録いたします。これにより情報がオンライン化され多くの同業者にも告知する事ができます。

4.販売活動

当社の販売活動の主なものは
・各種不動産のポータルサイト掲載《at home webなど》
・地元同業者(ハウスメーカー含む)への紹介、図面配布
・新聞広告の掲載、折込チラシ配布
・現地看板設置
※現地看板は、諸事情により設置できないケースもあります。販売活動は売主様の協力なくしてできません。物件が戸建てなら買主のお客様が見学に来られるときはこざっぱりと掃除をする、特に玄関が重要です。花など飾ってあったら印象も変わります。

5.ご契約

買主様から《購入申込書》をいただきますので契約条件を相談した上でご承諾されたら次に契約の運びとなります。契約の際は《重要事項説明》を《宅地建物取引主任者》が説明いたします。その後に買主様と《売買契約書》の署名押印を交わします。最後に手付金の受け渡しとなります。

【ご用意いただくもの】

・権 利 証 … 確認のみですのでその後お返しいたします。
・実   印 … 共有名義の場合は共有者分も必要
・印鑑証明 … 共有名義の場合は共有者分も必要
・印 紙 代 … 契約書に貼ります。売買金額により異なります。

6.お引渡し

残金のお支払を受け売主様より買主様に所有権の移転がされます。この際には《司法書士が》登記手続きを行います。尚、売却物件に担保が付いている場合はあらかじめ当社が金融機関と確認のうえ手続きをしますのでお任せください。

【ご用意いただくもの】

・権利証
・実印 … 共有名義の場合は共有者分も必要
・印鑑証明 … 共有名義の場合は共有者分も必要
・住民票・住民票除票 … (住民票除票は住所変更のある場合)
・固定資産税等納付書
・建物の各種鍵、各設備の取り扱い説明書、建物図面など
・仲介手数料
(例)成約価格×3.24%+64800円(400万円以上の場合)