三条市・燕市の不動産なら加藤商事

不動産ご購入の流れ

ほとんどの方がはじめて不動産を購入する方です。
『家はほしいが何から手をつけていいかわからない』、『自分が銀行でローンをどの位組めるか知りたい』、『ハウスメーカーがたくさんあるけどどこも同じようにしか見えない・・・・』など不動産取引は、一般的にはあまり馴染みがありませんから漠然と不安を感じる方が多いのですが、ご心配ありません。当社は物件のご案内から契約、銀行手続き、引越しまで親身にお手伝いをさせていただきます。

1.不動産情報の紹介

ネットワークを駆使してお客様のご要望にあった物件をお探しいたします。学校区やご予算などお気軽にお申し付けください。その際に重要なことは100%ご希望通りの物件は、まずありませんからご予算や面積など優先順位をつけてご検討ください。

2.物件のご見学

実際、現地に行ってみなければ不動産はわかりません。環境、日当たり、交通などご自分の目でご確認ください。買物施設や病院などご不明なところはスタッフにお尋ねください。この際に土地なら境界や隣地の越境の有無など、建物なら柱・梁、基礎などの構造体や給水、排水設備の状況の確認が重要です。

3.お申し込み

ご購入の意思が確定いたしましたら《購入申込書》にご記入いただき契約の運びとなります。この時にローンを組まれてご購入される場合は《資金計画》をお作りいたします。売買代金以外にも印紙代や登記料など他にも経費がかかりますのでご説明いたします。

4.ご契約

《重要事項の説明》では十分に物件をご理解されてから《契約書》へのご署名となります。契約書は馴染みのない言葉が多くてわかりにくいかも知れませんが遠慮なくご質問ください。

【ご用意いただくもの】

・手付金 … 原則売買代金の10%(例外有り、ご相談もできます)
・印  鑑 … 認印可 共有名義の場合は共有者分も必要。
・印紙代 … 契約書に貼ります。売買金額により異なります。

5.住宅ローンの手続き(融資を当社が斡旋する場合)

ご融資でご購入されるお客様には当社で金融機関をご紹介しております。ご自分のお取引がある金融機関をご利用いただいても結構ですがいずれの場合も当社で必要書類の用意から、申し込み手続、金銭消費貸借消契約などの手続きを丁寧にお手伝いいたします。

※当社の契約書は原則《ローン特約》をお付けいたします。
これは万一契約後、金融機関の融資が否認された場合(融資が受けられない場合)は契約が白紙にでき、支払済みの手付金は返還されますから安心です。

6.お引渡し

残金のお支払(金融機関の融資金実行)のうえ売主様より買主様に所有権の移転がされます。この際には《司法書士》が登記手続きを行います。共有名義でご購入のお客様はその持分の割合に注意しなければいけません。後日贈与税の問題になり余計なご負担が発生することがあるからです。

【ご用意いただくもの】

・残代金(金融機関の融資金)
・固定資産税等の精算金
・登記料
・住民票(住所を本物件に移転した住民票の場合があります)
・印鑑証明(金融機関の融資を受ける場合)
・実印(共有者分含む)
※金融機関から求められる各種書類はご確認ください。
※仲介でご購入される場合は仲介手数料が必要です。
(例)成約価格×3.24%+64800円(400万円以上の場合)

さあ、これでお客様の不動産となりました。
けどまだまだ当社でお手伝いできることはあります。

7.ハウスメーカーの紹介

『土地は気に入ったが建物はまだこれから』といった方はぜひご相談ください。在来工法、2×4住宅、軽量鉄骨造など建物は構造だけでも様々です。ローコスト住宅といっても最近は立派なものですし、大手メーカーであればさすがにセンスもよく高級志向です。当社ではお客様のご予算やお好みで納得いただけるメーカーのご紹介をいたします。

8.その他

引越業者の斡旋
警備保障会社の紹介